てのひらのメモ

お仕事の方はご苦労様です。
てのひらのメモ    2010年NHKで放送されたドラマ。法廷もののドラマで私の好みです。六歳の息子が喘息でなくなった。その時母親は留守にしていた。母親に罪があるやなしや。




ドラマとしては、もっとドキドキするような展開がほしかった。しかし、息子の血液検査の結果、母親と血液関係は否定された。実は亡くなった夫と愛人の子を承知で育てていた。これはかなり衝撃的な内容でしたが、ドラマは淡々とえがかれておりあまり私達に伝わってこなかった。

田中好子さんはドラマの中で演じている母親役で、息子とトラブっていた。後で息子の誤解であることがわかった。

ドラマとしてはあまり良いできとはいえないでしょう。しかし田中好子さんをいっぱい見れたので良かった。 youtube



b0173734_16292613.jpg
考え事してて、手いつまで洗ってんのと注意される。あき竹城さんが注意するとおかしくなります。

[PR]
by yume-sendai | 2017-12-13 16:36 | テレビドラマ | Comments(0)

定年退職、仙台から平泉に引越ししました。・・・・蒸気機関車「SL銀河」が4月12日から釜石線(花巻-釜石駅間、90.2キロ)ヘッダー画像は観光列車ジパング設定は以下にhttps://yumesendai.exblog.jp/28289151/


by yume-sendai